作:中屋敷法仁  演出・構成:中屋敷法仁

10月21日(金)16時開演・20時開演
10月22日(土)14時開演・18時開演
10月23日(日)11時開演・15時開演
※開場は開演の30分前
22日18時の回終演後、えだトーク有り⇒




料金/※当日500円増
一般前売2,000円 
学生前売1,500円
高校生以下前売1,000円
チケットは下記サイトをご確認の上、ご予約ください。
・ウェブサイトhttp://www.kaki-kuu-kyaku.com
・ネット予約「CoRich舞台芸術!」
・電080-6801-7389(メールでのチケット取り扱いはありません)


詳細情報

出演者
コロ、村上誠基、右手愛美、葉丸あすか、沖田みやこ(のこされ劇場≡)、今村貴子(のこされ劇場≡)、富田文子(劇団ぎゃ。)        
スタッフ
制作:斎藤 努/赤羽ひろみ        
あらすじ・みどころなど
昭和5年、富国強兵の名のもとに、鋼鉄事業が推進されていた時代。
歌人・北原白秋は、官営「八幡製鉄所」所歌の作詞を依頼され、八幡の街へとやってくる…。

国内外で活躍する演劇集団「柿喰う客」の最新作。
北原白秋が八幡に残した数々の歌をモチーフに、「産業」と「文化」のはざまにに生きた人々の姿を描きます。
       

団体情報

代表者:中屋敷法仁

1984年4月4日青森県生まれ。
高校在学中に発表した『贋作マクベス』にて、第49回全国高等学校演劇大会・最優秀創作脚本賞を受賞。
青山学院大学在学中に「柿喰う客」を旗揚げし、以降、全ての作品の作・演出を手掛ける。
人間の存在や現代社会の退廃的な面を皮肉たっぷりに描き、観客から冷笑を誘うような舞台を生み出すことを得意とし、虚構性の高い独特の演出法は「反・現代口語演劇」の旗手として注目されている。
       


劇団プロフィール http://www.kaki-kuu-kyaku.com

中屋敷法仁の演出作品を上演する演劇集団。演劇の虚構性を重視し、「圧倒的なフィクション」の創作を続ける。

国内各地での公演はもちろん、近年はフランス、トルコなど海外公演も行ない、国際演劇交流プロジェクト、こどもと観る演劇プロジェクトなど様々な企画を展開し、精力的過ぎる活動を続けている。